2015年06月30日

Cマウントカメラ用のステレオレンズとNikon1で遊ぶ

Kern Yvar Stereo Bolex f2.8 12.5mmとNikon1 V1
Stereo Bolex +nikon1
オールドレンズ遊びは色々ありますがステレオレンズは、CCDサイズが大事でして、特にサイズが小さいとステレオにならないのでいけません。
2d3dccd.jpg
というわけでCマウント用のステレオレンズがebayで販売していても何に装着するかというのが問題だったのですがNikon1はCCDが13.2×8.8ミリ、16mmフィルムが12.52×7.41mmとすると少し大きいくらいで問題なく使えそうだということで購入したわけです。
そして購入したのが最初の写真のレンズ。Kern Yvar Stereo Bolex f2.8 12.5mmです。
取り付けにはNikon1用のCマウントアダプタが必要です。
DSC_0230.JPG
ただし少し干渉してしまうので、無限遠を出すには旋盤でかなり削ってやる必要がありました。
そうやって装着した場合こんな風に写ります。撮って出し画像です。
Stereo Bolex test
ちょっとワイコンが欲しい感じです、ネジは切ってあるのですがちょっと中途半端なサイズのようで市販のものでは装着できないかもです。32.5mm?

さてNikon1シリーズ全機種にいえることですが、他社製マウントアダプターを使った時に露出計も使えないのでシャッター速度すら自分で判断しなくてはいけない。写真撮影モードの時は液晶画面は増感された絵が出ているので露出を決めるには動画モードにして絵を見ながら適切なシャッタースピードを決める必要があります。

しかしマウントアダプタに取り付けるこんなchipがebayで販売されています。
AF/EXP chip for Nikon 1 Gfoto
これを取り付けると絞り優先のAEやフォーカスエイドが使えるようになります。

DSC_0231.JPG
チップを取り付けたところです。

しかし、ステレオレンズの絵は真ん中に絵が来ないので微妙に露出が合ってない感じはしますね。
それでもかなり便利になりましたけどね。
posted by ときしっく at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2015年06月27日

ハイスピードカメラを使った超ワイド3D画像

ハイスピードカメラを利用した超ワイド3D画像の作品です。今流行の全周性のワイドじゃないですよ。動画では10秒位から超ワイド3D画像になりますが、画像が小さくてわかりにくいですよね。この撮影のためにPC制御のハイスピードカメラを持ち込んで朝のラッシュ時間帯の特急の先頭車両の窓際に陣取って撮影していました。各フレームから画像を切り出してつなげて作製しました。


これも縮小してますがflickrにアナグリフ(赤青メガネ)画像を上げています。
upano ana3D test "Urawa sta."
posted by ときしっく at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2015年06月23日

超大ステレオベースな中継をしていた時の機材

随分前ですし、もう消えちゃってるのですがUstreamで花火の3D中継をしていたことがありました。
最近中継はサイドバイサイド出力が可能なステレオカメラを使うことが多いですが、花火の場合は左右のカメラの間が10mとか20mも開くことがあります。そういう場合はステレオコンポーサーの様な物が必要になってくるわけです。
ですが屋外で個人でそういう機材を調達するのは大変です。
そこで目につけたのは防犯カメラ用の画面分割器でした。安い画面分割器は結構あり最初は4分割ができる機械を買っていたのですが、最終的にキャロットシステムズのAQ-400という機種を使っていたのでした。
http://carrot-shop.ocnk.net/product-list/46
400top.jpg
良かった、まだ売ってるみたいですね。

これ、左右2画面モードがありまして、しかもその時に横幅が半分になるんですよね、そう、"サイドバイサイドハーフ"ってわけです。カメラ番号などの数字を消すことは出来ませんがそれほど目立たなかったです。12Vが電源が使えるモバイルバッテリーと併用して屋外で使用しておりました。
まぁ、今どきRCA入力ですしって感じかもしれませんが、カメラ2台体制のステレオをするときには未だに使える機材かもしれません。

これ系の中継もすることはもう無いし、もういいかなと思ってちょっとネタバレでした。

amazonでも売ってました


posted by ときしっく at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2014年08月05日

Oculus Rift 用に編集した3D動画

私はDK2まだです。DK1にあわせて投稿していた動画を貼っておきます。
全画面表示で見てください。



posted by ときしっく at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D

Disable Youtube HTML5 Player

備忘
Youtube が標準でHTML5となって、3D再生できなくなってしまうことがあるようです。ブログに埋め込んでいるプレーヤーはまだflashで動いている事が多いようですが。
ブラウザがChromeの場合はDisable Youtube HTML5 Playerという拡張機能をインストールすると、従来のFlash 3D playerが使えるようになるようです。 https://chrome.google.com/webstore/detail/disable-youtube-html5-pla/enmofgaijnbjpblfljopnpdogpldapoc/related
posted by ときしっく at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2014年04月14日

Youtube liveでyt3d設定がonにできます。




くだらないライブの内容はともかくとして。
これまでサイドバイサイドハーフでUstreamで3D中継していたのですが、正しいアスペクト比で、アナグリフで、3Dモニタでライブをみたいですよね。
Youtube liveはそれが可能ではないかとは思っていながら今まで試したことがなかったのです。
優良ユーザーな私は3Dライブが可能になっていたので試してみることに
yt3d.jpg

最近のyoutubeのアップロードに出てくる詳細タグにある「この動画は既に3Dである」って選択肢はライブ前には存在しませんが。タグに「yt3d:enable=true」と入れてやるだけ!3Dライブが可能です。

もはや興味のある人しか試さないだろうから機材とかについては紹介しません。

今度Liveshell Proで設定できるか試してみます。

【追記】ハングアウト経由だからなのか左右入れ替わった状態になってしまいます、そこでタグに「yt3d:swap=true」も追加したところ正常に表示されるようになりました。(ちなみにハングアウト画面ではミラーイメージで表示されますが視聴画面では元に戻っています)
posted by ときしっく at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D
2013年05月01日

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ出港

目幅10メートル3Dタイムラプス撮影
言い訳:
・車がないのでリュックに二本入る三脚なので強風には全く対応できない
・他の場所を撮りすぎて電池切れ直前だったで出港が予定より40分ぐらい遅れてやきもきしている隙に出港されてしまい途中からの映像というなさけなさ
・予想以上のでかさに画面からはみ出るという体たらく。
それでも"立体視すれば"楽しい映像です。
posted by ときしっく at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D

3D映像蔵出し

竹田城3D

東京マラソン2013
posted by ときしっく at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D
2012年10月11日

SONY Bloggie 3D MHS-FS3 は最強の3Dwebカメラだった?

bloggie01.jpg
去年の製品で画質にも期待してませんが市場価格が10000円以下になったBloggie3D。
HDMI出力が再生にしか使えないと知り購入後ガッカリ…。
また仕様にある10cmのマクロ性能というのも、3Dの時は全く機能しないということが分かり、どうしてくれようこのゴミ、とか思っていたのですが、とりあえず充電しようとおもってPCに接続したら驚いた。

メニューを押すと「webカメラ」とあるじゃないですか。
bloggie02.jpg

お?これは3Dウェブカムとしてつかえるの?まさかねと思ったらやっぱり2D表示。
ところがなんか画面に「3D」という項目が。
bloggie03.jpg
これを押すとバッチリサイドバイサイドの画面が!これは驚いた。そして素晴らしい。


3Dウェブカムといえばminoru3Dが有名ですが、これはただのハブに繋がった2つのカメラであってPC上で合成するのでキャプチャ時にタイミングがずれるしマシンパワーも必要です。
PC上で合成するのは得策ではないので、別の機械を挟んでキャプチャ前に合成するとか、最近では3Dカメラから出てくるサイドバイサイド信号をキャプチャするなどをしていました。
(ところがカメラによっては信号をサイドバイサイドを出さなかったりHDMI1.4以外だと強制的に2Dになったりと面倒なのです。)

ところがブロギー3Dの3Dwebカムモードはカメラ側で合成したサイドバイサイド映像が出てきます。
Ustream ProducerでもAdobeFlashMediaEncoderでもちゃんと信号を受けます。最大1280x720で映像が出ますね。
(amcapではVideo Capture Pinから、
Ustream Producerはソース設定から、
Adobe Flash Media Live EncoerはInput Sizeで変更できます。)

Macにもつないでみました、Quicktimeからもキャプチャ画像が出ましたが2値化したような絵が出たりと安定しない、詳細を追求していませんが以下の様にちゃんとした絵も出せます。
bloggie04.png

私の003SH、アップデート後のUstreamソフトから3D表示の項目がなくなってしまいいまさら3DUSTもどうなのかという感じだけど、ここからPC上でアナグリフ化の処理をするにしろ、デプスを取って多視点化するにしろ左右画像の合成の一段分回軽くなるという意味では便利なカメラであることには変わりません。
同期も完璧なのです。

通常の3Dカメラとして使うならウンコみたいな製品ですが、原状これほどの3Dwebカメラは無いと思います。
価格もこなれているので3D野郎は是非どうぞ。

まぁ、いまさらですよねぇ…。

追記:3Dカメラなのにこの三脚穴の位置はおかしいだろふざけんな
bloggie04.jpg

追記:UVCView.exeでのチェックした結果も以下に置いておきますね。
http://toxic.sakura.ne.jp/fileuploader/3Dbloggie.TXT
posted by ときしっく at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D

スマートフォンから3D液晶がなくなりましたか?

ドコモやソフトバンクから新製品の発表がいくつかありましたが、どうもシャープ製のスマホから3D機能がなくなった模様です。
今までだと地味に機能が残ってたりしたのですが、(とはいえ仕様書や特徴には載っていなくて標準搭載アプリケーションと言う項目の「ピクチャー(3D対応)」とかからしか対応がわからない!すごい追いやられ方!)。
どうやらSoftbankの場合3D液晶が乗っている一番新しい機種は102SHIIになるのでしょうか?003SHを発売当日に買い2年経っていませんが12月には型落ちになったこの最後の(?)3Dスマホを買おうと思います。
003SHはアップデート後動作は軽くなったのですがUSTアプリから3D表示機能がなくなりました、3Dは切り捨てなんですね、非常に残念です。機能があるからコンテンツが追いつくのです、機能さえ残しておけば今後コンテンツが増える可能性もあるのに、自らタネを撒いたくせに芽が出るかでないかのうちにさっさと抜いてしまうなんて…、これで2度目ですよね、シャープの3D梯子外し…。

そんな状況ですが久しぶりに3D携帯用の3Dビデオをアップロードします。
大相撲9月場所のビデオです。椅子席2席分の目幅で撮影しとります。
3D携帯のyoutubeアプリからでも見えるのですがダウンロードして再生したい方はどうぞ。

3D携帯用動画はこちら→[[3D]]3DTimeLapseatItamiAirPortTOXIC-lrq

ダウンロード時に文字化けしちゃった人用のzipファイル

↓YouTube版
posted by ときしっく at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D携帯