2014年08月05日

Oculus Rift 用に編集した3D動画

私はDK2まだです。DK1にあわせて投稿していた動画を貼っておきます。
全画面表示で見てください。



posted by ときしっく at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D
2014年04月14日

Youtube liveでyt3d設定がonにできます。




くだらないライブの内容はともかくとして。
これまでサイドバイサイドハーフでUstreamで3D中継していたのですが、正しいアスペクト比で、アナグリフで、3Dモニタでライブをみたいですよね。
Youtube liveはそれが可能ではないかとは思っていながら今まで試したことがなかったのです。
優良ユーザーな私は3Dライブが可能になっていたので試してみることに
yt3d.jpg

最近のyoutubeのアップロードに出てくる詳細タグにある「この動画は既に3Dである」って選択肢はライブ前には存在しませんが。タグに「yt3d:enable=true」と入れてやるだけ!3Dライブが可能です。

もはや興味のある人しか試さないだろうから機材とかについては紹介しません。

今度Liveshell Proで設定できるか試してみます。

【追記】ハングアウト経由だからなのか左右入れ替わった状態になってしまいます、そこでタグに「yt3d:swap=true」も追加したところ正常に表示されるようになりました。(ちなみにハングアウト画面ではミラーイメージで表示されますが視聴画面では元に戻っています)
posted by ときしっく at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D
2013年05月01日

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ出港

目幅10メートル3Dタイムラプス撮影
言い訳:
・車がないのでリュックに二本入る三脚なので強風には全く対応できない
・他の場所を撮りすぎて電池切れ直前だったで出港が予定より40分ぐらい遅れてやきもきしている隙に出港されてしまい途中からの映像というなさけなさ
・予想以上のでかさに画面からはみ出るという体たらく。
それでも"立体視すれば"楽しい映像です。
posted by ときしっく at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D

3D映像蔵出し

竹田城3D

東京マラソン2013
posted by ときしっく at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D
2012年10月11日

SONY Bloggie 3D MHS-FS3 は最強の3Dwebカメラだった?

bloggie01.jpg
去年の製品で画質にも期待してませんが市場価格が10000円以下になったBloggie3D。
HDMI出力が再生にしか使えないと知り購入後ガッカリ…。
また仕様にある10cmのマクロ性能というのも、3Dの時は全く機能しないということが分かり、どうしてくれようこのゴミ、とか思っていたのですが、とりあえず充電しようとおもってPCに接続したら驚いた。

メニューを押すと「webカメラ」とあるじゃないですか。
bloggie02.jpg

お?これは3Dウェブカムとしてつかえるの?まさかねと思ったらやっぱり2D表示。
ところがなんか画面に「3D」という項目が。
bloggie03.jpg
これを押すとバッチリサイドバイサイドの画面が!これは驚いた。そして素晴らしい。


3Dウェブカムといえばminoru3Dが有名ですが、これはただのハブに繋がった2つのカメラであってPC上で合成するのでキャプチャ時にタイミングがずれるしマシンパワーも必要です。
PC上で合成するのは得策ではないので、別の機械を挟んでキャプチャ前に合成するとか、最近では3Dカメラから出てくるサイドバイサイド信号をキャプチャするなどをしていました。
(ところがカメラによっては信号をサイドバイサイドを出さなかったりHDMI1.4以外だと強制的に2Dになったりと面倒なのです。)

ところがブロギー3Dの3Dwebカムモードはカメラ側で合成したサイドバイサイド映像が出てきます。
Ustream ProducerでもAdobeFlashMediaEncoderでもちゃんと信号を受けます。最大1280x720で映像が出ますね。
(amcapではVideo Capture Pinから、
Ustream Producerはソース設定から、
Adobe Flash Media Live EncoerはInput Sizeで変更できます。)

Macにもつないでみました、Quicktimeからもキャプチャ画像が出ましたが2値化したような絵が出たりと安定しない、詳細を追求していませんが以下の様にちゃんとした絵も出せます。
bloggie04.png

私の003SH、アップデート後のUstreamソフトから3D表示の項目がなくなってしまいいまさら3DUSTもどうなのかという感じだけど、ここからPC上でアナグリフ化の処理をするにしろ、デプスを取って多視点化するにしろ左右画像の合成の一段分回軽くなるという意味では便利なカメラであることには変わりません。
同期も完璧なのです。

通常の3Dカメラとして使うならウンコみたいな製品ですが、原状これほどの3Dwebカメラは無いと思います。
価格もこなれているので3D野郎は是非どうぞ。

まぁ、いまさらですよねぇ…。

追記:3Dカメラなのにこの三脚穴の位置はおかしいだろふざけんな
bloggie04.jpg

追記:UVCView.exeでのチェックした結果も以下に置いておきますね。
http://toxic.sakura.ne.jp/fileuploader/3Dbloggie.TXT
posted by ときしっく at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D
2012年05月29日

都内のホタル

一度ホタルの光跡を3D撮影してみたかったのです。
遠出することも考えましたが、休日だと人も多そうですし、平日の仕事帰りにじっくり撮れないかなと思い、都内でホタルが見えるところを調べてみたところ、ホタルがいるところ、結構あるみたいですね。
ほとんど人工飼育によるものなのでしょうけど、季節さえ間違わなければホタルは見ることができるみたいですね。
以下はflickrに上げた3D写真です、すべて交差法。リンク先は3D携帯等で見られるmpoファイルです。

Lampyridae 3D

Lights of firefly 3D

Lights of firefly 3D

多分時期的、光り方からしてゲンジボタルだと思います。シーズンはこれからですかね。ちょっと近場のホタルスポットを調べて出かけてみてはいかがでしょうか?
posted by ときしっく at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D
2012年02月09日

3Dスイーツアニメーションgif

交差法でどうぞ。
posted by ときしっく at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D
2012年01月07日

立体視するシネマグラフ

 写真はFlickrに、動画はYoutubeに、なんてことでじゃあこのブログ使わなくていいんだね、って事になっっちゃってしまたのですが…。ちょっと思いついて静止画と動画の中間みたいなやつ、Cinemagraphを3Dで作成してみたので、そのgifアニメーションを貼り付けるのにこのブログが役に立つではないかと思いました。
 で、3D携帯の画面とかでは動いては表示させられないと思います、ゴメンネ。貼りつけてるのは交差法だけです。他の見方を用意してません、でもアナグリフ・インタレースとか作れるでしょうね。

エレベータの部分が動いているのです
DSC01047.JPG
クリックすると大きなファイルが開きます

樹の枝とかタペストリが微妙に揺れてるんだけど、つなぎが甘いですね。
DSC01047.JPG
クリックすると大きなファイルが開きます


階段にて、これはよく見なくても分かると思います
DSC01047.JPG
クリックすると大きなファイルが開きます

静止画は動画と違って、動きによる情報がなくなるから立体視向きだなぁと思っているのです、また止まっているからチョット強めの視差にしてもなんとかなるんですよね。そういう世界にプラス動きをつけると面白いなぁということで。
posted by ときしっく at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3D