2011年05月02日

超高コストパフォーマンな3DモニタLG D2342Pの感想

追記(メニューの下の方からリセットしたら解決):ちょっと買うの待ったほうが良いかも…、なんか画面の上のほうと下のほうでクロストークの出方の質がちがう。というか上のほうだと3Dに見えなくなってる。故障なのか、個体差なのかわかりません。このモニタ、コンセプトは素晴らしいので、駄目とは断定せずに別ロット機体がどう見えるのかをなんとか確認したいと思います。

LG D2342P-PN という3Dモニタが販売されました。
http://www.lg.com/jp/it-product/monitor/LG-16-9-wide-D2342P-PN.jsp

3万以下で手に入るフルハイの3Dモニタなんですが、これのリリースを知ったとき、猛烈に驚いた。
何が驚いたかというと、PCとかコンバータを使わなくてもこのモニタだけでいろんな3Dソースを表示できるというところ、こんな値段のモニターなのに!

この凄さが分からずに、アクティブシャッターがどうとか、偏光が形式だと解像度とかしか、そんなどうでもいい記事が多くて…。で、実際どうなのよ!ってキれてる間に速攻で購入してしまったわけです。

レビューはまたジックリするけどちょっと触った上で分かってることを書きますね。

・HDMI接続のみですがサイドバイサイド、トップアンドボトムの他HDMI1.4の3Dソースも3D表示します。
・サイドバイサイドやトップアンドボトムなどソースの情報はモニタのメニューから指示すれば大丈夫です。
・だからReal3D w3をつないでもばっちり3D表示されます。
・もちろんPanasonic TM650+3Dレンズの映像もばっちり3D表示されました。
・Victor Everio GS-TD1はこれからテストします。
・PS3の3Dゲームができるかどうかはまた今度試しますね。
・PCモニタとしても当たり前ですが2Dは普通に表示されます(たまに聞かれますが2D映像がぶれたりはしません)
・youtubeの3D映像も水平インターリーブにするだけで表示されます。
ようするにflashが見えるマシンなら3Dが楽しめるんですよ。特別なグラボとかも必要ないのです。
・Macでも大丈夫。解像度を1920x1080にしっかりあわせれば。
・Zalmanや富士通などの偏光形式の3Dモニター用のメガネでもチェックしましたが一応見えます。
・上下の視野角はzalman並ですかね、パーソナルな使用には問題ないと思います。それはこの値段ですし、思った以上にはよかったです。
・軽い

左右の入れ替えとかもモニタでできるわけで、3Dコンバータやカメラのモニタとして直結するだけでよいわけですから、現場用としても恐ろしいコストパフォーマンスです。

今普通にMacやPCをつかっててちょっとモニターでも買おうかと思ってる人。フルハイの3Dモニターが3万以下で買えますよ。ビデオカードの増設とかも必要なしのこれだけ。
3Dはコンテンツ不足?んなこたーない、
Youtube(yt3d)
3DポータルZ(コンテンツの下のほうからメニューを引っ張り出して表示形式を偏光フィルターとかなんとかにすればいい)
3DF33D(ブラウザが対応している必要があるけど)
この辺にどっさり3Dコンテンツがありますよ、不足不足って言ってるのはシャッター形式だからじゃないの?もちろんこのブログに貼ってあるyoutubeの動画も3Dでみえるよ。
(多分Ustream 3DもHDMIでPCにつないでいるときにフルスクリーンにすればサイドバイサイドを3Dに変換できるので見えるはず、また試す。これでソフトバンクの3D携帯でしか見えなかったUst3Dが立体でみられるぞ)
(私自身は試してませんがHDMI接続のテレビチューナなどがあれば3D放送も視聴できますな。ただし3Dテレビ見たいな簡単なリモコンがあるわけではないのでメニュー操作が必要)

とりあえず、このモニタ、買いですよ奥さん。


(多分また詳細なレビュー報告します)
posted by ときしっく at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記